6月の登山記事一覧はこちらをクリック

Mt.Radio

スポンサーリンク
Mt.Radio

【Mt.Radio】登山の心霊体験 ~ 後ろから聞こえる声 – Part.12

私は山で幽霊に後ろを歩かれたことがあります。 山は”死”と非常に近い距離にあるため、心霊現象に遭遇するのはよくあるようです。遭難者が亡くなった避難小屋では、風のない夜に勝手にドアが開いたり、同じ場所で寝ると金縛りにあったり等の噂を耳にします。 今回は私が登山をはじめて、現時点で最初で最後の心霊体験を語ろうと思います。
Mt.Radio

【Mt.Radio】夏山からの登山再開はするのか – Part.11

本格的に始まるゴールデンウイークの登山客を抑制するため、北アルプスなどの主要登山口の駐車場を閉鎖するよう管理者に依頼する考えを明らかにした。春山シーズンは例年、県外を含む多くの登山客でにぎわうことから、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために「限りなく登山客ゼロを目指す」としている。 ゴールデンウィーク中、長野県では登山の自粛を登山者に限らず、事業者にも呼び掛けています。登山口への電車・バスなどのアクセスを封鎖し、入山できない措置をとっています。 北アル...
Mt.Radio

【Mt.Radio】山の麓に伝わるお土産は疫病除けだった – Part.10

岐阜県の飛騨高山地方に伝わるさるぼぼ 北アルプスに登山に行った帰りの売店で、「さるぼぼ」という人形を見かけたことはないでしょうか。顔の描かれていない赤い人形で、可愛らしくあり、ちょっとだけ不気味なデザインです。岐阜県の飛騨高山地方に伝わる工芸品で、ルーツは奈良時代に中国から伝わった人形にあるようです。 諸説の一つですが、さるぼぼの人形は流行病を避ける目的で作られたという説があります。 赤色は魔よけの効果があると信じられていて、子供に贈られていたそうです...
Mt.Radio

【Mt.Radio】新型コロナウィルスと登山の自粛 – Part.9

外出自粛要請のガイドラインの頭には「週末の不要不急の外出を控えてください」と書かれています。さて、登山は必要か、不要か。答えは「不要」です。もちろん、登山で生計を立てている方は必要でしょう。ファイブナイン(99.999%)の人にとって、登山は不要な外出です。 よって、外出自粛要請が出ている地域の人間は、登山に行くべきではないです。 しかしながら、一部の登山者の思惑は、そうではないようです。 本記事は2020年4月6日時点の記事です。状況が大きく変...
Mt.Radio

【Mt.Radio】日本百名山について改めて考えてみる – Part.8

一人の小説家が、趣味の登山をして、独自の基準で選んだ山の紀行文「日本百名山」。つまり、「日本百名山」というタイトルのエッセイ本なのです。 日本百名山は国や山岳関係の団体が発表したものではないのです。 とある日本百名山の一座に登って、「日本百名山 〇〇山 標高XXXXm」と書かれている山頂看板を目にします。正確に言えば、エッセイのタイトルが書かれているのです。「もものかんづめ」、「深夜特急」と書かれているのと同じことになるのです。 冷静に考え...
Mt.Radio

【Mt.Radio】真似してはいけない登山 – Part.7

アイゼン無しで雪山を登ること、岩が多い山にはヘルメットをもって登ること、そういう話ではありません。 後悔した登山プランの事例を紹介します。 登山はどう登ろうが、どう計画を立てようが自由です。自由だからこそ、時に見誤ると後悔を生みます。自分が登山をしてきた中で、後悔した登山プランの経験を踏まえて紹介します。
Mt.Radio

【Mt.Radio】山で飲むコーヒーは本当に美味しいのか – Part.6

7~8人くらいのパーティー、そこそこの大所帯で雪山に登ったことがある。雪山と言っても危険は少なく、山頂まで2時間もかからない初心者向けの冬山だ。パーティは無事山頂に到着し、集合写真を撮影、大人数で登れたという達成感があった。そして各自、お昼の時間となった。魔法瓶に入れたお湯でカップラーメンを作り、パンをかじっていた。そしたら、メンバの一人、男性A氏が「みんなの分のコーヒーを用意してきたよ。」と言った。 その一言が、誰もが不幸になる悲劇なるとは思っていなかっ...
Mt.Radio

【Mt.Radio】夢の対決~谷川岳VS東京ディズニーランド – Part.5

千葉県は日本で一番の山岳不毛地帯の都道府県。登山業界の有名なジョークの一つに「千葉に何か有名な山あるっけ?」と聞かれると「ほら、あるじゃん。ビッグサンダーマウンテン(笑)」と言うのがある。登山者は千葉県に出向くことが極端に少なく、東京ディズニーランドで遊ぶくらいなら山に行く、と言う人がほとんど。ある統計では、重度な登山者は5年以上ディズニーに行っていない人が8割いるとかいないとか。これが逆の立場、ディズニーファンだったらどうだろう。彼らはきっと「山なんて疲れるだけ、...
Mt.Radio

【Mt.Radio】登山と睡眠の因果律、眠れぬ子羊のレクイエム – Part.4

アラジンというか、ウィル・スミスに青色のボディーペイントを施したものが魔法のランプから飛び出してきて、「願い事を三つだけ叶えてあげよう」と言ってくる。もはや定番となった回答であるが「願い事を100個に増やしてくれ」と、設定無視するお願いする。万が一、そのお願いが通ったとする。そこで、私は7つめで「どこでも眠れる能力が欲しい」と言う願いごとをすると決めている。
Mt.Radio

【Mt.Radio】避けられない戦い、登山と中央道の渋滞 – Part.3

「小仏トンネル付近 事故渋滞30キロ」この文字の並びを見て、背筋に冷たいものが流れるのであれば、あなたは立派な登山者だ。
Mt.Radio

【Mt.Radio】登山に車は必要なのだろうか – Part.2

あったらあったで便利だけど、なくてもいいかなっていうのが最終的な結論。 これから語ることは、都内在住で車を通勤に使用しておらず、登山歴8年程ということを念頭において欲しい。 さて、自分は登山を始めて2~3年目の頃に非常に車が欲しかった。
Mt.Radio

【Mt.Radio】自分なりの登頂ルールについて – Part.1

鉄道趣味に"完乗(かんぜんじょうしゃ)"という言葉があることを知りました。全ての路線を乗車・搭乗することを意味し、個々で設定する決め事・ルールがあるらしい。例えば、JR中央線を乗り潰すとなった時、「始点から終点まで乗車してクリア」、「主要駅に降り立ってクリア」、「全ての駅のホームに降りてクリア」、「全ての駅の改札を出るとクリア」など、人によってバラバラにルールが存在するようです。 完乗についての話を知って、"登頂"という行為にルールを作ったら、登山を更に楽しめ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました