登山奥多摩

【東京】霞丘陵ハイキングコース ~ 塩船観音寺から岩蔵温泉、つつじ庭園と緑道の6キロの旅

塩船観音寺つつじ園

2022年4月29日

東京都青梅市の霞丘陵ハイキングコースに行ってきました。

霞丘陵自然公園から岩倉温泉まで、勾配の少ない6キロほどのハイキングコースです。スタート地点にある塩船観音寺はつつじ園の名所で、ゴールデンウィーク前後に見頃を迎えます。

全体的に宗教法人のの私有林を歩きますが、一部だけ富士山が見えるポイントがあります。

霞丘陵ハイキングコース

2022年はコロナが落ち着き、大手を振って出かけられるゴールデンウィークになりました。

しかし、抑圧からの反動で、全国各地で混雑し、旅行代金は爆上がり。そんな理由もありますが、ゴールデンウィークに行きたい場所も限られてきたので、近場をウロウロすることにしました。

ゴールデンウィークに東京に出かけるのは、山を始めた年に奥多摩に行って以来です。つつじを見に、青梅のハイキングコースを旅してきました。

霞丘陵ハイキングコース

地図

霞丘陵ハイキングコース

青梅市が公開している案内マップ通りのコースを歩いています。

コースタイム

  • 10:45
    塩船観音寺
  • 11:23
    笹仁田峠
  • 11:34
    七国峠
  • 12:07
    岩倉温泉郷

行動時間は1時間22分です。

塩船観音寺を歩いていた時間は含まれていません。

霞丘陵ハイキングコース

青梅線の河辺駅からバスに乗って塩船観音寺へ

立川駅

塩船観音寺を知ったのは、3月に歩いた青梅丘陵ハイキングコースで、展望スポットから森の中にたたずむ巨大な観音が見えたからです。どうやら、ツツジの名所だということを知りました。

塩船観音寺が公開するツツジの開花情報を見て、青梅線に乗って塩船観音寺に向かいます。

青梅線の河辺駅で下車し、塩船観音寺行きのバスに乗り込みます。つつじ祭りのシーズンは増発便が出ています。

塩船観音寺

塩船観音入口」のバス停を下車し、お寺までは5分ほど歩きます。マイナーな観光スポットだと思っていましたが、観光バスが来るほどの場所だったようです。

塩船観音寺

つつじ祭りの提灯が飾ってあり、山門から既にお祭り感が溢れています。

塩船観音寺

天気の良い9時30分の時間帯、さすがゴールデンウィーク、たくさんの観光客がいました。

拝観料じゃなく、入山券なんだと、軽く疑問に思いながら、大人300円を支払います。つつじの時期だけ徴収しているようです。

塩船観音寺

階段を登っていくと、本堂があります。まずはここで、お賽銭を投げて、手を合わせました。

塩船観音寺

自分もそうですが、この時期にこの塩船観音寺を観光する9割9分の人達は、なんの宗派でどのような歴史があるなんて知らないと思うんです。それでも、参拝の所作を怠らない日本人は、信仰心が自然に染み付いているなと思います。

  • 真言宗醍醐派のお寺
  • 開山は「大化の改新」と同時期くらい
  • 本堂などが建設されたのは室町時代

歴史が古く、格式高いお寺のようです。

塩船観音寺のつつじ祭り

庭園までにもツツジが盛り盛り咲いていてます。昨日に降った雨粒がキラキラ光っていました。

20種類以上のツツジが咲く、塩船観音寺

塩船観音寺つつじ園

本堂から奥へ進んでいくと、つつじ庭園があります。

塩船観音寺つつじ園

中央には護摩堂があり、周囲をつつじ庭園が囲んでいます。

塩船観音寺つつじ園

「パンフレットやポスターと比べると思ったよりも花が咲いていない」

正直なファーストインプレッションがこれでした。周りの観光客からもそんな声が聞こえてきます。ただ、その規模には圧倒されます。

塩船観音寺
パンフレットの写真

パンフレットと比べると10年以上前に話題になったグルーポンのお節くらいに見た目が違うぞ。

しかし、自然のモノだからバラツキがあるのは仕方ない。

塩船観音寺つつじ園

一斉開花するわけではなく、花によって開花時期がズレるようです。

しかし、全体的に元気がないので、ピーク時期が過ぎてしまったのか…。山に咲くツツジと同じように、年によって出来栄えが違ってくるのか…。

塩船観音寺つつじ園

つつじ園の奥には巨大な観音像がこちらを見下ろしています。青梅丘陵ハイキングコースを歩いたとき、この観音像が目立っていました。

ちなみに、誕生は平成生まれの2010年なので、Z世代の観音様です。

塩船観音寺つつじ園

つつじに紛れて「世界人類が平和でありますように」のポールが建ってました。本当にどこにでもあって、ちょっと怖い。新興宗教のものですが、なぜお寺にあるんですかね…。

お団子を食べてパワーを付けます。甘さが全くない醤油味です。そして、つつじが描かれた半紙の御朱印をいただきました。

塩船観音寺つつじ園

それでは、つつじ園を散策します。アスファルトの道もありますが、つつじの合間を自由に動きまれることが出来ます。

塩船観音寺つつじ園

撮影モデルをしていると思われるお姉さんが、つつじの真ん中に棒立ちしていました。カメラマンを探したけど、まったく見当たりません。スナイパーのごとく、つつじに擬態しているのか。

塩船観音寺つつじ園

パンフレットによると、20種類を超える品種が2万本植栽されています。

つつじ

早咲きのミツバツツジ、遅咲きのリュウキュウツツジ、そして、キリシマツツジが大多数をしめるようです。

中央にある護摩堂を中心に、つつじ園をぐるりと眺めることが出来る造りになっています。

観音様

そして、頂上にある観音像まで登ってきました。

柴犬

観音像の足元は展望台になっていて、都心部方面の展望が開けています。新宿の高層ビル群、スカイツリーが見えました。

塩船観音寺のつつじ園

思ったのと違って、緑多めの庭園でしたが、真っ赤な状態の時に来てみたいです。

観音像の奥から新緑の霞丘陵ハイキングコースへ

塩船観音寺つつじ園の出口

観光フェーズは終了、ここからハイキングフェーズです。

観音像の裏手に裏口があり、ここを抜けると霞丘陵ハイキングコースに続いていきます。

霞丘陵ハイキングコース

小高い丘に道幅広めのハイキングコースが整備されています。自然公園内なので、こ杉などはあまり見当たらず、クヌギなどの自然林です。

霞丘陵ハイキングコース

当然ですが、先ほどまでの喧騒はなく、ハイカーがほとんどです。公園内にもつつじが自生しているので、それを目当てに散歩している人もいるようです。

七国峠・岩蔵温泉方面に向けて進んでいきます。それにしても、新緑が美しいです。

霞丘陵ハイキングコース

市街地に近いはずなのに、人工物は全く見られない、隔絶された未開の自然。東京であることを忘れしまいます。

公園内の遊歩道は終わり、アスファルト道路に出ました。

霞丘陵ハイキングコースの桜並木

新緑の桜並木。4月上旬の春先に来ても楽しめそう。

アスファルトを進んでいくとフェンスがあり、立正佼成会の敷地内へと進入します。こんな郊外に大きな敷地を持ってるんですね…。

立正佼成会

ガランとしてい人気はない敷地内を進んでいくと、頑丈そうな正面ゲートまで来ました。

立正佼成会

ゲートの隣に歩行者用の通路がありました。

立正佼成会

道場だったんですね。

交差点を渡ると、再び霞丘陵ハイキングコースへと接続します。

七国峠から地名プレートの並ぶ不思議な杉の樹林帯

霞丘陵ハイキングコース

ここからは、植林された杉の登山道へと変わりました。ちょっぴりと登山感が出てきます。

「永遠の森」、「ひむかの森」など区間ごとに森の名前が付けられています。ここも、立正佼成会の私有林のようです。

霞丘陵ハイキングコース

大きな駐車場のような場所に出ると、ここが七国峠みたいです。たぶん、七つの旧国が見えたことに由来すると思いますが、杉に囲まれ何も見えません。

そして、何故かパトカーが停まってました。事件があったのか?!

霞丘陵ハイキングコース

ここからは終点の岩蔵温泉を目指します。

霞丘陵ハイキングコース

マイナー中のマイナーハイキングコースと思っていましたが、意外と歩いているハイカーが多いです。

練馬

リスの絵柄に練馬と書かれた謎のプレートが刺さっていました。

その他、県名だったり、地名だったりのプラカードが点在しています。全く持って謎です。その地域の信者が植林しているんでしょうか…。

ヤマツツジ

退屈な杉の樹林帯に時折現れるヤマツツジの赤が映えます。

霞丘陵ハイキングコース

分岐点を温泉方面へ。

阿須丘陵七国ハイキングコースに続いているようです。埼玉県飯能に整備されたコースみたいです。

群馬の森

群馬の森!!

神隠しに合いそうなので、深入りはできません。

霞丘陵ハイキングコース

交差点から少し登りましたが、そこからは平坦なハイキングコースです。

富士山の展望スポット

富士山の展望地と書かれた看板がありました。他の登山者は、「全く見えないじゃん」と言っていました。

富士山の展望

目を凝らして見ると、雲と同化している富士山の頭を見ることが出来ました。わかるかな?

霞丘陵ハイキングコース

今まで安定のハイキングコースでしたが、乱高下が始まりました。沢が流れていて、登山道らしい登山道になりました。

しばらく、下っていくと住所がとても東京都は思えない、田舎町に出てきました。

東京で唯一の温泉郷「岩蔵温泉」、カフェYUBAでランチ

岩蔵温泉郷

位置的には青梅と飯能の中間にあたり、駅からはバスで20~30分と、なかなかの陸の孤島です。

岩蔵温泉は東京で唯一の温泉郷だったらしく。現在は、数軒あった温泉宿は、ほとんどが廃業し、1軒?だけが営業しているだけのようです。

温泉入りたかったのですが、日帰り温泉は休止中のようです。残念。

カフェYUBA

バスを待つ間、ランチを食べるため「カフェ YUBA」にやって来ました。森の中にあり、正面には小川の流れるロケーションです。

カフェYUBA

窓からは緑が見える席に案内されました。一番の人気席みたいです。

カフェYUBAのメニュー

カフェなので食事メニューは2種類しかなく、チキントマト煮かカレーライスです。

ちょっぴり混んでいたせいで、バスの時間ギリギリ間に合いそうな時間に提供されました。流し込むように食べました。家庭的な美味しさでした。

カフェYUBA

食事を終えて、バス停まで歩きます。

温泉郷にいるのに温泉に入れないなんて…。

岩蔵温泉のバス停

「岩蔵温泉」のバス停は2分も歩きませんでした。どこで時間を潰していたのか、ハイキング客がたくさん待ってました。

ちなみに、東青梅駅と飯能駅を結んでいるバス路線です。

バスに揺られること20分程度で、青梅線の東青梅駅に到着しました。行きに降りた河辺駅の隣駅です。

アウトドアビレッジ

青梅線を昭島駅で途中下車し、「アウトドアビレッジ」に寄り道しました。

長年探していたベットサイドのラグマット、A&Fというショップで、びびっときたものがあったので購入しました。

ゴールデンウィークなのに空いてました。キャンプに出掛けているから、アウトドアショップは逆に空くのかな…。

霞丘陵ハイキングコースを終えて

霞丘陵ハイキングコース

東京最高峰の雲取山は山奥の秘境ですが、意外と近い場所に豊かな自然があり、ちょっぴり違う東京の顔を見た一日でした。1時間弱、ほとんど登り下りがないですが、リフレッシュできるコースでした。

塩船観音寺のツツジは見頃だったのか、そもそも緑が多いのが当たり前なのか、それはわかりませんが、パンフレット通りの真っ赤に燃える庭園を見てみたいものです。来年以降にまた来るかもしれません。

塩船観音寺のつつじ祭り

霞丘陵ハイキングコースのパンフレットを見ると、彼岸花の群生があったり、桜並木の遊歩道がったり、季節で見どころが変わるようです。また、ハイキングコースの周辺にある薬王寺もツツジの名所だったり、吹上しょうぶ公園も見ごたえがありそうです。

「ハイキングコース?それは嘘だ」の青梅丘陵の記事へ

霞丘陵ハイキングコースと繋がっている青梅丘陵ハイキングコースの記事も併せてご覧下さい。こちらは、アップダウンの多い山道で、激しいハイキングができます。

霞丘陵ハイキングコースの地図はこちら

コメント

  1. これはかなり地味ポイントが高いハイキングコースですね。。
    ソロで行ったら早い段階で気持ちが折れそうです。。。

    • そうなんですよ。
      つつじ祭りがやっていなかったら、歩いてはいないかなと思います。
      たまたま、一緒に行ってくれる人がいましたが、難しいところです。飯能までずっと歩くのも楽しいかも知れません。

タイトルとURLをコピーしました